So-net無料ブログ作成

花粉症対策の新三原則です! [お役立ち情報記事]

スポンサードリンク




こんにちは!ににぱぱです!

今日はもう間もなくピークになってくるであろう、
花粉症についてのお話になります。
春という季節は、個人的には1年の中でも最も好きな季節だったのですが、
花粉症にかかるようになってからは、
残念ながら憂鬱は季節になってしまいました。

私にとって、マスク、ティッシュ、目薬、鼻炎薬の4点セットは、
この時期もう絶対手放せない必須アイテムです。
治るものなら治したいというのが本音なんですが、
レーザー治療を試してみて結局治らなかったので、
今では完治は諦めて、花粉症と何とかうまくつきあっていく方法を
模索しているような感じにシフトしてきています。

さて今日は花粉症対策、しかも花粉症対策の「新・三原則」
というのを紹介したいと思います。
先ずは、この「新・三原則」というのがどういったものなのか?ということですが、
「つけず」、「落とす」、「固める」という3つの原則ということになります。
新・三原則とは言っても何か特別なモノが必要になるわけではなく、
何れの原則も市販のグッズで十分対応出来るのでご安心を!

先ずは「つけない」ですが、どうするかと言うと、
静電気防止スプレーを使用します。
静電気防止スプレーをシュッとひと吹きすると、
花粉が服や髪に付きにくくなるそうです。
また、ナイロンやポリエステルなどの衣類素材も、
表面がスベスベしているから花粉が付着しづらくなるので、
この時期の外出の際には服の素材にも注意したいところです。
更には、洗濯の際に入れるだけで静電気を発生しづらくする「レノアプラス」、
「ハミングネオ」などの柔軟剤もうまく活用するのも有効とのことです。

次に「落とす」です。
これは粘着テープの「コロコロ」を活用します。
粘着テープのコロコロは、
じゅうたんや床などに落ちた髪の毛をくっつけてとるイメージが強いですが、
花粉も大丈夫なのだそうです。
最近では「花粉用」の強力タイプも発売されているそうです。
静電気防止スプレーを使っても、
完全に花粉を除去することは難しいので、
その際にコロコロで衣類をなで回して、
残っている花粉を出来るだけ除去するようにします。

そして、最後は「固める」です。
自宅に帰って来て、玄関でコートやかばんをパタパタやったりしますよね。
でもこれをやってしまうと、花粉が舞い上がり、
せっかくの努力が無駄になってしまいます。
そこで有効なのが花粉を固めるということです。
作戦としては、P&G社の「ファブリーズ・ハウスダストクリア」を使用します。
この商品の本来の役目は、室内の細かな埃を取り除くことですが、
花粉にも強力な武器になるそうです。
この商品の場合、衣類や体に付着した花粉を1カ所に固めて抑える効果があるそうで、
最大95%の飛散をカット出来るそうです。
しかも、玄関先で吹きかけるだけなので手間もかからないですよね。

以上が花粉症対策の新三原則となります。
もちろんこの新三原則を守っても、
対策としては100%ではないですが、
外出先から帰ってきた後、ちょっとした手間をかけるだけで、
アレルギー症状を緩和することが出来るのであれば、
やらないという解はないのではと思いますが如何でしょうか?

それでは本日は以上になります。

それではみなさんの今日一日が最高の一日でありますように!

ではまた明日!


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ににぱぱの最近気になる話題

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。