So-net無料ブログ作成

もうすぐ桃の節句ですね! [雑学関連記事]

スポンサードリンク




こんにちは。ににぱぱです。

2月も早、中盤にさしかかりましたが、
もうすぐ桃の節句になりますね。

ももの節句は、3月3日ですが、
ももの節句という表現よりも昨今では
ひな祭りと言った方が分かりやすいでしょうか。
私の姪っ子が、
早くもひな人形を飾りだして喜んでいるようでした。

さて、本日は前置きの通り、
ももの節句の由来について書いてみたいと思います。

先述した通り、桃の節句は3月3日となりますが、
正しくは上巳(じょうし、じょうみ)の節句と言うそうです。
元々は3月の初めの巳の日という意味だったようですが、
後に3月3日に定まり、また、ちょうど桃の季節だったことから、
桃の節句という表現になったようです。

この節句は、ひな人形を飾ったりして、
女の子の健やかな成長を祈願するための日になります。
ひな人形には、生まれた子供(女の子)が、
健やかで優しい女性に育つようにとの親の願いが込められています。
ひな人形はその子の形代(かたしろ:身代わり)と考えて、
厄除けや良縁祈願など、
人生の幸福を得られるようにとの思いを込めて飾られます。

ひな祭りの由来ですが、人形(ひとがた)、
あるいは形代と呼ぶ草木あるいは紙やわらで作った素朴な人形に、
自分の災厄を移して海や川に流したお祓いの行事(流し雛:ながしびな)と、
平安時代に始まるお人形遊び(ひいな遊び)とが、
長い間に結びついたものが、
現在の「ひな祭り」の由来になります。

ひな祭りのお祝いは、
本来当日にするのが基本なようですが、
前の晩(宵節句:よいぜっく)にお招きしてお祝いするのも良いようですね。
で、ひな祭りのご馳走は、
お寿司とはまぐりのお吸い物がつきものとのことです。
はまぐりは、他のはまぐりのフタとは絶対に合わないところから、
一人の人と生涯連れ添うようにという願いが込められているそうです。
また、お寿司が好まれるのは、
ちょうど新鮮な春の魚介類が出回るため、
季節感を味わうのに良いからだそうです。

以上、ひな祭りは、女の子の厄除け、良縁祈願、健康祈願を願う行事で、
おひなさまはお子さんに降りかかろうとする災厄を、
代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなものである
ということはご理解頂けたかと思います。
まあ気持ちの問題なのかもしれませんが、
女の子がいらっしゃるご家庭は
なるべくなら省略せずにきちんとお祝いしてあげてくださいね。

本日は以上になります。

それではみなさんの今日一日が最高の一日でありますように!

ではまた明日!






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ににぱぱの最近気になる話題

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。