So-net無料ブログ作成
検索選択

運のいい人になれるか? [雑学関連記事]

スポンサードリンク




こんにちは!ににぱぱです!

皆さんは運がいい・悪いの定義ってお持ちでしょうか?
世の中には凄く運の良い人、
凄く運の悪い人っていますよね。

私が良く感じるのは、
運の良い人っていうのは、
いつもとことん良くて、
その反対に運の悪い人っていうのも、
いつもとことん悪かったりといった感じ。

運のいい人は何をやってもうまく行くし、
運の悪い人は逆に何をやってもうまくいかない。
私個人の自己分析としては、
どちらかというと運の悪い方の部類かなと思っているのですが、
皆さんは如何でしょうか?

実際、運って一体何なのでしょうかね。
神様の気まぐれなのか、どうなのか?
今日は運に関して、
脳科学的な面から説明がつくそうなので、
少し紹介してみたいと思います。

人間の脳って持って生まれた特徴というのがあるそうです。
TV番組とかでも言葉は聞いたことがある方も多いと思いますが、
セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質っていうのがあって、
それぞれの量には個人差があるそうで、
その違いが個性になるんだそうです。

例えばセロトニンの量が多い人は安心感が強く、
少ない人は不安を感じやすいそうです。
一見セロトニンが多い方が良さそうなイメージがあるかもしれませんが、
量でどちらが良いとか悪いとかはというのは別に無いそうです。

自分の脳の特徴を自覚して、
脳の使い方を変えることが出来れば、
運の良い脳に変えられるんだそうです。

一般的に、運・不運は誰の身にも公平に起きている事象で、
運のいい人というのは、
単に恵まれているのではなくて、
運をキャッチするのがうまいだけ。
それと同時に、不運を防ぐような行動や考え方をしているのだそうです。

その第一条件というのが「自分を大事にしている」という点だそうです。
具体的には、自分を大切にするというのは、
他人の意見に惑わされず、
自分の価値観をしっかり持っていることを指すようです。
こういう人は、気持ちや行動に余裕があるために人を惹きつけ、
人から好かれるそうです。
これが運のいい人の特徴の一つです。

次の条件としては口に出して「自分は運がいい」と
言ってみるとこだそうです。
心の中で唱えるのではダメで、
口にして言った方が多くの感覚器官が働き、
記憶が強化されやすくなって、
自分は運がいいとうことが脳に定着されやすいのだそうです。

逆にやってはダメなことは、
自分を粗末にすることだそうです。
「自分にはできっこない」とか、
先に決めつけてしまう人や、
他人の意見に左右されてしまうような人は運を引き寄せられないそうです。

運がいいと言われている人は、
やはり常にポジティブで、
自分自身を良く知っている人なんでしょうね。

私自身の思考としては運の悪い人の典型だと思うので、
これを機に改めたいと思います。
皆さんも自身の思考を改めて運のいい人を目指しましょう!

それでは本日は以上になります。

それではみなさんの今日一日が最高の一日でありますように!

ではまた明日!



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ににぱぱの最近気になる話題

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。