So-net無料ブログ作成

長期休暇明けの体のダルさを解消しましょう! [お役立ち情報記事]

スポンサードリンク




こんにちは!ににぱぱです!

年末年始の長期休暇が終わって一週間が経ちましたが、
休みモードから仕事モードへの切り替えは終わったでしょうか?

私は何とか仕事モードに切り替わってきましたが、
長期休み明けって妙に体がダルかったり、
疲れやすかったりしますよね。

これって、休み中に食べ過ぎて胃腸が疲れている上に、
不規則な生活で体内時計も乱れてしまっていることが原因のようです。

なので、しっかり休んだつもりでいても、
休み明けは結構病気にかかりやすいそうですよ。

それではもう少し細かく話してみますね。

休み中って、食生活が不規則になりやすいですよね。
ついつい食べすぎちゃうんですが、
食べ過ぎた翌日とかに体がだるいっていうことを
経験したことのある方っていますかね?

この体のだるさって、どうやら食べ過ぎが原因のようです。
食べ過ぎた後、私達の体は毒を出そうとするそうなんですが、
その際に風邪と同じような症状が体に起こるそうです。

これが体のだるさの原因ということになります。

体のだるさ以外にも、血液がドロドロになって、
免疫力や疲労回復力が低下するとも言われています。
その結果として、風邪をひきやすい体になってしまうそうです。

なので、お正月に食べ過ぎてしまった方は、
風邪やインフルエンザなどが流行するこの時期は
かなり危険な状態なので、
日々の体調管理を十二分にする必要があります。

それから、寝正月にしてしまった方も同じように
疲労感を強く感じるようです。

仕事をしている時の生活リズムが、
休み中の不規則な生活により崩れてしまい、
体内時計が乱れてしまったことが原因のようです。
更には仕事が始まるといったストレスも原因の一つにありますが、
いつもよりも血圧が高くなったりして、
脳卒中や心筋梗塞等のリスクもあるそうなので、
注意が必要です。

またメンタル的な面でも気分が憂鬱になったりしますよね。
特に休み明け初日は、全く仕事に身が入らず、
ミスばかりしてしまうなんてことも多いのではないでしょうか。

これは所謂ブルーマンデー症候群(月曜日には肉体的には好調も、
知性・感情・気力は不調になる。)と言われているものです。

こういった状況なので、
休み明けの初出勤で頑張って仕事をすると、
疲労感が増大するということですね。

では、こういった状況を早く解消するにはどうすれば良いのか?
ということになりますよね。
なので次にそのあたりを説明しますね。

先ず一つ目は、胃腸を休めるということです。
断食というわけではないですが、
せめて1日くらいは小食にして胃腸を休ませます。
例えば、お粥や野菜中心の食事にしてみるなどが良いかと思います。
とにかく食事量を減らし、脂っぽいもの、乳製品、カフェインを避けるようにします。

それから体に負担のかからない軽い運動するのも効果的です。
ウォーキングなどが良いかと思います。
軽く汗ばむ位まで歩くと良いです。

それから、経済的に余裕があれば、
温泉や岩盤浴に行くのも血行促進や疲労回復に効果的です。

それから、長期休みの最終日に仕事がうまくいっている状況の
イメージトレーニングをするというのもメンタル的な面で効果的だそうです。

最後に可能ならば、
初出勤の日には深刻な会議や業務上重要な用事は
入れないようにするということもメンタル的な面で効果的です。

そして初日は残業などはせずに早く帰宅するようにするのも良いです。

以上になりますが、出来そうものからでも、
良かったら是非試してみてくださいね。

本日は以上になります。参考になったでしょうか?

それではみなさんの今日一日が最高の一日でありますように!

ではまた明日!





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2016-02-28 23:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ににぱぱの最近気になる話題

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。